スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月24日発売!
へそ曲がり/ここにしかない景色(初回限定盤A)
へそ曲がり/ここにしかない景色(初回限定盤B)
へそ曲がり/ここにしかない景色(通常盤)

--------(--)
 

りょうちゃんラジオ@ZIPFM

LIVE MONSTERまでひまっこだったから
送ってもらったラジオレポをしよう!と思って始めてみたら
思いのほか時間かかった_ノ乙(、ン、)_
やるんじゃなかった(*ノ∀`)ノ゙))アヒャヒャ

とりまこれはやったからどうぞ 笑

次からは5分ぐらいならやってもいいかな?w
10分超えのはちかれるぜ((´∀`*))ヶラヶラ



5月11日に公開となる県庁おもてなし課の主演掛水役の錦戸亮さんです。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
高知、私行ったことないですけど。
そうですか?
めちゃくちゃ行きたくなりました!
あ、ホントですか?
綺麗なところですね
ね、いろんな綺麗なところがそこらじゅうにありますね。
高知は行ったことあるんですか?
僕は昔ありますね。ちっちゃいときに家族で行ったこともありましたし、
グループでツアーで行ったこともありますし。

そうかそうか!
でもそんときはあんまり外にでていろんなところに行ったわけじゃなかったので
そうですよね。
今回が初めてどっぷりおっていろんなところに行きましたし、
ご飯も食べたし、お酒も飲んだし。

改めて高知のこと好きになりましたよね?
そうですね。
知ってるところが多くなりましたからね
なんか高知いったとしたらあそこのメシ屋いこうよ!
って言えるのって強いなって思いますし。
んーよかったですね。

ほんとに山も海も川もあるすばらしいところですけども
もともとは高知出身の有川さんの作品が原作ということですけども
その脚本をお読みになって最初の印象はいかがでした?
そーですね。なんか、いや、まぁすごくわかりやすくて
僕は原作を1番最初に読んだんですけど
そんときも小説やけどさくっといっきに読めちゃいましたし
そこで県庁おもてなし課っていうのがあることも分かりましたし、
おもてなし課がどんなことをやっているのかっていうのもそこで
いろんなことを教えてもらいましたね。

おもてなしっていう言葉は奥が深いですね
そうですねぇ
何気なく使ってましたけど
割り箸とかに書いてることもありますしね

あります?
あります!こないだあったんですよ
おてもとじゃなくておもてなしって書いてあったんですよ!ちゃんと

そうなんですね
なんかこの映画やってからおもてなしって言葉に敏感になりましたよね
いろんなところで結構使ってるのもありますし
テレビとかでも
そうですね。人それぞれのおもてなしもあるでしょうけど。

関ジャニのコンサートとかでもお客様をおもてなしする側ですもんね
そうですね、最たるものじゃないですか
県庁の職員でやる気はあるんだけどいまいち頼りなくて空気の読めない掛水役を今回演じられました、
ほんとにがんばれ掛水!なんて映画の中でも声をかけたくなるそんなキャラですけども、
どうでしょう?錦戸さん的に重なるキャラだったのかそうじゃないキャラクターだったのかいかがですか?
あのー今まで共感することありますか?って聞かれて、
まったくないって答えてきたんですけど、
今日見つけたんですよね。あのー堀北さん演じる多紀ちゃんのことを
なかなか多紀ちゃんって呼べなかったんですよ掛水は。
僕も真希ちゃんて中々呼べなかったんですよ。
呼べるようになったのここ最近なんです。

撮影終わってから?
撮影終わってからですね
(笑)そうですか
そうです。そこ。。ですかね
堀北真希さんがね、今回掛水とタッグを組む有能なアルバイトを演じているんですけども
可愛らしい方ですねぇ
そうですねぇ
もう抜群にかわいかったですね。
なんかスタッフの方も堀北史上1番かわいいって言ってましたし
まぁ、人それぞれ意見はあると思いますけどw
いや、僕も映画見てかわいらしいなぁってめっちゃ思いましたし
こんなこおったらえぇやろうなぁと思いましたね

多紀ちゃんのほうは本当にしっかりした役でしたけども
真希ちゃんのほうはどうでした?
真希ちゃんもしっかりしてますよ
しっかりしてますよね。あのー僕、ホテルに泊まってたんですけど、
真希ちゃん全部自分で掃除してるって・・こんなこと言っていいんかわからんけど
ずっと長いこと泊まってたんでずっと自分で掃除してるって・・・
言っていいですよね?

ステキ
すごいなって僕ちらかしたまんまでて、いっつも(お掃除)入ってもらってましたけど
自分で床までふいてましたからね

真希ちゃん!?
すごいなーゆって
真希ちゃん演じる多紀ちゃんもほんとにすごくてですね
自転車をこぐシーンがあるんですけども
はいはい
もう競輪選手かっていうくらい
そうですね。しかも立ちこぎしてるわけじゃなくて普通にこいでますからね
ねぇ
しんどいと思いますよ

あと、掛水と多紀ちゃん一緒にカヌー?
カヌーやりましたね
乗るシーンがありましたよね?四万十川
あれは・・仁淀川っていう
四万十川ほどポピュラーじゃないんですけどでも四万十川並に・・
!!抜いたんか?四万十川を抜いたんですよ!綺麗さ的に

そうなんですか!
めちゃめちゃきれいですよ!
ほんとに詳しくなってますね、高知に
でもいま確認しながらしゃべってますけどね
でもスラスラとやっぱりねぇ、出てきますけども
はい。
でもあーゆーシーンは大変なんじゃないですか?船に乗りながら
そうですねぇ、あれは本番やるときにいきなり本番入ったんですけど
じゃぁここ通ってきてくださーいって
実際に掛水と多紀ちゃんもそういう体験をしに行ってるってシーンの撮影だったんで
その先導してくれる方がいてその方に一生懸命ついて行って
流れが早いところにいきなりぶわーってはいってって
思いっきり水飛沫あびながらすごいスピードで降りてったりもしてたりとか
そうゆーのあるって聞いてなかったのですごいびっくりしましたね

聞いてなかったんですか?
そうっすね、聞いてなかったっすね
突然?
うん。ちょっと興奮しましたね。
でも興奮するといえば、ほらパラグライダーにも挑戦されましたよね
はい、しましたね
どうでした?上から眺める景色は
いや、なんかすごい静かでエンジン音も聞こえないですしね
飛行機みたいに。
なんか鳥が見てる景色ってこんな感じなんかなぁって思いながら飛んでましたね。

なかなかあんな体験できない
うん。ですよね、あの景色はやっぱりパラグライダーはビビってもやる価値はあると思いますし
この先ももし機会があればまたやってみたいなぁって思いましたね

そしてそのスクリーンで見る映像も美しい
はい、そうですね
めちゃめちゃキレイですねぇ

高知の景色が切り取られているそんな映画にもなってますけども
そんな中でですね、今回高知弁を完璧にマスターしている
いや、どうなんですかね
高知の方がみてこれ土佐弁になっていないって言われたらしょうがないですけど
でもできる限りのことはやりましたね。
僕もともと大阪出身なんで関西弁しゃべるんで
西っていうのは共通してるんでちょっと似てるところもありますし
まぁ全然違うところもあるんですけど、
やっぱり東京出身のかたがしゃべるよりアドバンテージはあるでしょうし
まぁ一生懸命やってましたね
だからそれに比べたら船越さんだったり真希ちゃんも
みんなすごい上手やなと思いましたし

こうゆーのってどうやって勉強するんですか?
クランクインする前にあらかじめ方言テープっていうのをいただいて
それに自分のセリフが全部入ってるんですよ

そっか。それプラス感情なんかも入れて演技をしてかないと
そうですね。でもあんま考えてなかったですけどね
私、映画を見させていただいて錦戸さんすごくナチュラルで
ほんとにおもてなし課にいそうな
あ、ほんとですか?
ありがとうございます。
そう言っていただけて嬉しいです

高知のおもてなし課って話もでましたけども
今回は高知の方々もかなり協力があったみたいで
おもてなし課というのは県庁のなかに
そうですね、県庁の観光振興部っていうところにおもてなし課がありますね
そして、高知は有名な日曜市というのがありますけども
映画のなかにも日曜市のシーンがありますがあれは実際の日曜市なんですか?
あれは、日曜市の次の日の月曜日に
(笑)月曜市?
そうですねw 特別に作っていただいて
それも県の方に協力していただいて
実際にお店出してる方がそのためだけにやってくれたりしましたね。

どんな雰囲気でした?まさに本物さながら
撮影のときは月曜日で、みなさん、なんやろ?撮影してる感はありましたけど
今回出来上がって高知に1回行ってきたんですよ
そんときはほんまの日曜市に僕と真希ちゃんと船越さん3人でゲリラ的に入っていったんですけど
なんかようわからないですね

(笑)
なんかいろんな漬物が売ってて
漬物売ってる横でコタツがあって休んでってくださいみたいな
普通に、、、店が並んでる横に普通にコタツがあるんですよ
なんやここ?と思いながら
でもそのコタツに入ってる人もおったし
家帰れよと思うじゃないですか?
なんか、変な感じでしたね。

ぜひ私も高知、日曜日に行かないとなと思いました
そうですね。
あとさっきもお名前でたんですけど清遠役の船越さん
いろいろあってかつて県庁をおいやられた男という役ですけど
すばらしい演技でしたねぇ
そうですねぇ、やっぱりどっしり構えてくださって
なんかどでかい柱になってくれてましたね。この映画の中でも
ホンマに役柄のような優しさで包んでくれました。

ほんとに出てくる人たちのキャラクター、景色、そしておもてなしの心
たくさん自分の心のなかに残る映画だと思います。
まだまだこれから・・もうちょっと先ですね公開になりますけども
その映画をご覧になる方に最後におもてなしの心あふれる一言をよろしくお願いします。
この映画は高知を舞台にしたお話なんですけども
決して高知県に来てくださいっていうのを大々的においてるわけじゃなくてですね
高知県を愛する人がいるようにそれぞれ僕は大阪出身なんで大阪のことをちょっと考え直してみたりだとか
それぞれ人の数だけふるさとがありますしね、
そうゆうのを考える・・ってゆうかね
なんか実家に帰りたいなって思うだけでもいいかもしれないですし
うん、なんかいっつもステーキ食べんでも家にある残り物でつくったきんぴらとかも美味しいよっていう
そんな感じの映画なのでね
ほんとに終わったあとにネガティブな意見は絶対出ないだろうなって思いますし、
見てて気持ちよくなると思うので忘れかけた青春をもう一回この映画をみて取り戻してください。

大事なものにね改めて気づくそんな映画ですよね。
そう、それですね!
すいません、いいとこもらっちゃました



4月24日発売!
へそ曲がり/ここにしかない景色(初回限定盤A)
へそ曲がり/ここにしかない景色(初回限定盤B)
へそ曲がり/ここにしかない景色(通常盤)

2013-04-21(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


welcome
ただいま名さま♫
プロフィール

Author:みく

メールフォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。